組合長ごあいさつ

組合長ごあいさつ

農事組合法人「おきす」の経営理念


“地域を愛し、地域とともに発展する。”


「人・農地・道路などの社会基盤」あっての法人であることを認識し、
地域の発展に向けて、ともに将来を語り、携え、貢献し、発展することを目指す。」

 

ひまわり

 

 ありがとうございます! 農事組合法人「おきす」のホームページにようこそおいでくださいました。

 代表理事の森脇康博です。私共「農事組合法人おきす」は平成16年9月に前身である「おきす営農組合」を設立し、平成27年1月に農事組合法人に移行しました。

 農事組合法人「おきす」は宍道湖の西岸に位置し、島根県の玄関口「出雲縁結び空港」に隣接する農地で営農をしています。

 広々と広がる田園風景のもとで、島根米「つや姫」(特別栽培米)、「きぬむすめ」また多収穫米「みつひかり」、「二条大麦」、美肌効果のある「ハトムギ」、「キャベツ」、さらに牛の餌になる「WCS稲」、みんなで花を楽しみ、食油となる「ひまわり」などを栽培しています。こうした作物を中心に、緑豊かな田園風景と次世代への営農組織の継承を図るために専従職員を中心とした経営を展開しています。

 また、ひまわり開花時の散歩道やスイートコーン狩り、キャベツ狩りなどの収穫体験などを通した「ふれあいを楽しむ」イベントを計画しています。そして、そうした事業を応援して下さるサポーターのみなさんを募り、「おきす」のファンづくりを目指しています。

 興味のある方は、是非参加してください。お待ちしています。

 次世代につなぐ中長期ビジョンを策定しました。今後このビジョンを具現化し、消費者のみなさんや学生のみなさん、また企業、団体のみなさんと収穫体験やイベントなどを通して共感し、ともに地域農業の発展に一丸となって努めたいと思っています。 

 これからはホームページ上で随時頑張っている様子、イベント情報を更新していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いをいたします。

 

農事組合法人おきす代表理事 森脇康博

 

生産者紹介